2006年06月20日

薬膳カレーの秘密に迫る@M.ジョンファン Vol.2

M.ジョンファン突撃取材! 第1弾

薬膳カレーって何だ!を
香食楽@中目黒で聞いてきた!
 後編



さて、M.ジョンファンの香食楽取材の後編をお送りします。
後編も引き続き、薬膳カレーの秘密に迫りつつ、
香食楽の魅力がもっと伝わる内容に!!
それでは、後編をお楽しみ下さい。

香食楽店舗紹介
kakura-top.jpg
インドカレー
■住所:東京都目黒区上目黒2-42-13
■電話:03-3710-0299
■営業: ・平日  /12:00〜13:30
             18:00〜24:00 (L.O.23:30)
      ・土日祝/12:00〜24:00 (L.O.23:30)
■休み:火曜定休
■HP:http://ka-ku-ra.com/



イチ押しメニューは
   コンセプチュアルな究極の“黒”カレー





M:今のカレーってどの位で完成したんですか?

井:一応、10年って言ってます。最後の3〜4年で薬膳を取り入れ始めて。
それより前からずっと自分のカレーレシピは作っていました。

M:修行に回る以外にどんな研究をされたんですか?

井:食べ歩いたり、雑誌を読んだりもした。本を読まないと夜寝れなかったり。本当にヲタク?(笑)。
その上で他と一緒にならないように努力しました。

DSC01339.jpg
ハーフ&ハーフ黒豚野菜カレーを頂きながら取材させてもらいました

M:このルーの濃厚さ(とろみ)って、野菜を煮込んだものなんですか?

井:そうです。12種類の野菜が溶け込んでます。

M:で、上に乗っかる野菜を合わせると、、、

井:20種類位の野菜を食べてることになりますね。

M:そうとう材料費も掛かってますね。

井:夜のメニューとかちょっと高いかもしれないですけど、それでも、、、って所で悩んでますね。

M:確かにボクもブログに"少々値は張る"と書きましたが、お話を聞いてると安いのかなぁ、と思えてきます。
黒豚なんかも高い食材ですもんね。


井:そうですねぇ。

M:この豚は脂がキツくないし、瑞々しくて美味しいです。

井:実はカレーの肉にも以前から納得できないことがあって。煮込まれた方が好きな人もいるんですけど、
味が抜けてて許せないんですよ。

M:確かにスジっぽくなってる店も多いですよね。

井:だから、豚は別でスパイスや漢方と一緒に煮てます。
そこで豚ブイヨンが取れて、黒カレーにはそのブイヨンも入ってるんです。

M:手抜き一切なしですね。野菜も素揚げしてあって食感がいいですし。

井:そうですね。カボチャやパプリカが含んでいるカロチンは油と相性がよくて、揚げると吸収も良くなるし。
でも、今度は煮た野菜もやってみたい。

suage.jpg
素揚げされた野菜はサックリとした食感と栄養吸収が考慮されている

M:ところで、オススメは?
今日、黒黒豚カレーと香食楽カレーのハーフ&ハーフを頂いたんですけどやはり一押しですか?


井:そうですね、黒黒豚(野菜)カレー。
もしくは黒と香食楽の両方のルーが食べられるハーフ&ハーフ黒豚(野菜)カレーです。

M:オススメのポイントは?

井:よくイカ墨の入った黒カレーってありますけど、自分で作るなら何かオリジナルな部分が欲しかった。
それで、イカ墨はもちろん入っているんですけど、"黒い食材"というものにヒントを得て作りました。

食材を五色に分けた中で黒に分類されるものって、
腎機能を高めて今で言うデトックス効果(体に有害な物を排出する。解毒作用)があると言われています。

実は黒豚も黒い食材に分類される物なので、究極の黒カレー(笑)っていうところですかね。

--------------------------------------------------------------------

ここでひと休み...
ひと口メモ

究極の"黒"黒豚カレーをもっと美味しく食べる方法!!


井村さん直伝の黒カレーをもっと美味しく食べる方法は
この香食楽オリジナルのマー油をかける事!!
mayu.jpg
熊本系のラーメンでお馴染みの方も多いと思いますが、そこは薬膳カレーのお店。
いく種類かの漢方やスパイスをブレンドしたオリジナルのマー油なんです。
ラーメン店も食べ歩いたという井村さんならではのアイディア。

これをかけると、さらに深みのある味になります。是非、お試しあれ!!





体に優しく美味しい!
   これが薬膳カレーの本質である!





M:次の質問は大変微妙な質問になってしまうんですけど、、、。
実はここ最近、週一回くらいのペースではあるんですけど薬膳カレーを食べ歩いているんですよ。
それで周りから「体の調子よくなるの?」って聞かれるんです。

実際、食べ続ける事による効果っていうのはどうなのかと、、聞いてみたかったんです。


井:漢方ってモノ自体が飲み続けて効果のあるものだし、
一回食べただけでどうにかなる物ではないです。通っていただければ、、っていうのはあるけど。
でも、外食する中で体に優しい物をお客様に食べていただければと思って作っているのは確かです。
少しでも元気になってもらいたい。

M:すみません、答えにくい質問で(汗)。

井:いえ。ただ、お店のまかないでカレーだけしか食べないスタッフもいて、
「体調良くなりました」とは言ってくれます。


M:香食楽のカレーには体に悪い物は一切使用してない訳ですからね。

井:そうですね、化学調味料なども一切使ってないですし。
そのかわり色々な工夫をしているので大変ですが、自分もそうやって育ってきたので。


M:最後に今後の香食楽の展開など、言える範囲でいいので教えてください。

井:新しいカレーもそろそろ出したいですね。今って濃厚なルーじゃないですか。
だから今度はサラっとしたものを作ってみたいと思ってますし、
さっきも言いましたが煮た野菜を取り入れてみたい。いつになるか分かりませんけど(笑)。

M:それは楽しみです。今日はありがとうございました。

INTERVIEWEE PROFILE
井村真沙子(MASAKO IMURA)
名古屋市の大学で食物学を学び、栄養士を取得。
料理講師を勤めながらメニュー開発やレシピ作りも行う。
人気カレー店で厨房を担当した後、インドへ単身旅行。
帰国後に日本で知り合ったインド人から家庭料理、スパイス等の知識を学ぶ。
その後も様々なお店で経験を積み、
体に良くて美味しい、完全手作りのカレーの研究を独自に重ねる。
自宅でのカレー研究においては、スパイスの香りが原因で
引越しせざるを得なくなるという逸話を残すほど。
その情熱と探究心の大きさは自他共に認めるところ。
2005年1月、「薬膳カレー&cafe KA・KU・RA」を中目黒に開店。

※さらに詳しいプロフィールなどはオフィシャルホームページ


取材後記
accha初となるお店突撃取材いかがでしたか?
香食楽のカレーの秘密が少しでも伝わったならば取材をさせて頂いた甲斐があったと思います。

"体に優しく、美味しい物を"という井村さんの温かい気持ちと、手間を惜しまない努力。

外食やコンビニ飯などを食べる機会が多い現在。
添加物などを一切使わず、食べる人の事を考えて作られたカレーには感動すら覚えました。

是非、香食楽のカレーを食べて感じとって下さい。
この記事へのコメント
ブラボーです。
香食楽のカレーはかなりのリピーターなので
待ってました!という内容で前半・後半
楽しく読ませてもらいました。

ここのカレーは食べると、
お腹も心もホッとできるカレーです。
Posted by banana at 2006年06月20日 23:46
>bananaさん

コメントありがとうございます。
取材した甲斐がありました!

また、機会があれば他店へも突撃したいと思っています。
Posted by at 2006年06月21日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19558512

この記事へのトラックバック

黒☆カレー
Excerpt: 最近、無性に辛い物が食べたい日が多いのは 体からの悪い『火』の気を燃やしたい!!という指令なんでしょうか(笑) 今日は早く帰れたので、ふら~っと寄り道ショッピング鍊&#..
Weblog: ☆INTERIM~まだ夢の途中~☆
Tracked: 2006-07-29 08:56